9/29 銭湯ジュース考

銭湯ジュース考

瓶ジュース賛 
“旅に出るとその土地の歴史ある銭湯に惹かれる。立派な建築にペンキ絵。癖の強い入浴客。日常の中の非日常が心地いい。
入浴後には飲み物を一杯。銭湯の冷蔵庫を見ることも大きな楽しみの一つ。結露した窓の奥にご当地牧場の牛乳や、レトロなパッケージの瓶ジュースが並んでいる。ご当地の、しかも瓶詰めであることがなお嬉しい”

近年、大手の清涼飲料や牛乳が増え、瓶詰めも紙パックや缶に取って代わられました。そんな中、山本さんは銭湯で働きながら、京都市内唯一の瓶ジュース製造工場城南鉱泉の思いを引き継ぎ、新たにお一人で「南山鉱泉所」を開業されました。現在はひやしあめを製造されています。

今回古白にて、瓶ジュースへの思いや開業の経緯を山本さんにお聞きします。銭湯や瓶ジュースが気になる皆様、ぜひご参加くださいませ。

当日は宿泊のご予約も承ります。ならまちには4箇所の銭湯が営業しています。宿泊して外湯巡りを楽しみませんか。

□概要
日時:9月29日(土) 18:00-20:00
場所:旅宿古白 喫茶室
料金:1500円 ひやしあめ付
予約:下記アドレスに必要事項(参加者氏名・携帯電話番号)送信をお願いいたします。折り返し返信があり次第ご予約確定です。
24時間以内に返信がないさ場合にはお手数ですが、店舗までお電話をお願いいたします。

guesthouse.kohaku@gmail.com
0742-81-4236